お腹の中の赤ちゃんと母親の健康と安産を願って、安定期に入る妊娠5か月の戌の日に「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻く習慣が古来よりあります。「古事記」の中にも記載があり、ます。穢れや災いから身を守る。岩のように頑丈で強い赤ちゃんになるように。また、下腹部(丹田)を巻く事で、母体の冷えを防ぐ、衝撃から保護する。重たくなっていく胎児の重みを支え、母親の腰の負担を軽減する。

などのメリットがあります。

スケジュール

お申込みがあった時点で受講できます

クラスのご案内

受講料
4,000円(税別)

受講内容

  • 胎児の位置の確認
  • 心音聴取
  • 骨盤ケアの運動の仕方
  • 腹帯の巻き方

お持ち物

ご自身で持っている腹帯があれば持参してください。なければ助産院で推奨している腹帯(1,000円税別)を来られた時にご購入ください。

田中敬子

  • 助産師 KEI助産院院長

ご予約

ご予約の内容をご入力ください。
3営業日以内に回答がない場合は、お手数ですがメールにてご連絡ください。

 support@keymws.com